東京話し方教室(東京話し方スクール運営)はあがり症改善を重視した話し方教室です。東京・大阪・京都・柏で開講。人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

話の内容は気にしすぎない

 話しの内容はもちろん大切ではありますが、そればかりにとらわれて不安を感じる必要はありません。

 「聴き手」が「話し手」のどのような部分を重視してとらえているかを示している有名なメラビアンの法則というものがあります。

 これによると、話し手が聞き手に与える影響については、視覚情報(見た目、動作)が55%、聴覚情報(声の様子)が38%、言葉(話の内容)が7%の強さがあるといわれています。

 言葉(話の内容)は7%であるに対して、それ以外の「見た目、動作、声の様子」で93%、実に9割以上を占めています。話しの「内容」よりも、「(身振りを含む)話し方」と「声」(大きい、はっきりしているなど)」の方が与える印象が大きいということです。

前向きな男女

 つまり(これは多くの話し方教室やコミュニケーションスクールなどでも言われていることですが、)話しの「内容」よりも、まず「どのように話すか」ということが大切です。

 そういう意味では、「話し方」がしっかりできていれば、話し内容は完璧でなくでも、問題ないといえます。

 完璧な話を考えることは、大変難しいことですし、労力もかかります。しっかり考えたとしても、本番ですべてを伝えきれるとも限りません。逆に話はシンプルでも、わかりやすく整理されていれば、しっかりと伝わります。「内容」で完璧を求めるのであれば、「話し方」を工夫したり、練習した方が効果的といえます。

 「話の内容づくり」に不安を感じたら、「たった7%」と思い出してみてください。きっと気が楽になるはずです。

お気軽にお問合せ下さい TEL 050‐7132‐8181 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.