話し方教室なら東京コミュニケーションスクール

東京コミュニケーションスクールが選ばれる理由

  • HOME »
  • 東京コミュニケーションスクールが選ばれる理由

東京コミュニケーションスクールは、どうして選ばれるのか、それには7つの理由があります。

1)とにかく、安い

他と比べてわかる圧倒的な安さ。 あからさまになるので表には加えませんでしたが、ご自分で割り算なさってみてください、その差10倍!

日銀を研修、ドラッカー来日時の同行・司会まで行う岡田先生の指導まで格安(激安!)に受けられるのは、東京コミュニケーションスクールだけです。

受講料  受講時間
 東京コミュニケーションスクール   49,900円 36時間
 N   60,000円  20時間
 I 720,000円  62時間 ×
 S 118,000円  12時間
T 120,000円 12時間 ×

2)講師が違う

講師であり経営者である久保幸子が、本当によかった!やってよかった!!と実感しており、それを1人でも多くの方々に追体験してもらいたいと考えているので指導が熱心です。

しかも、自分が非常にダメだった(名前すら言えなかった!)ので、受講生の気持ちがわかり、受講生の大変な気持ちがわかるだけでなく、安い方がいいと考えているその気持ちもわかるので、受講票から修了証作成まで、このHPからメール送受信・電話受け・会場予約まで全ておこなっています。←こんな講師は、ここにしかいない。

また、それに共感してくださった岡田昭一先生のご指導が仰げる、東京都内のコミュニケーションスクールの中では最も講師のレベルの高いスクールが、ここ、東京コミュニケーションスクールです。

 

3)授業が違う

授業は、①プレゼン・スピーチコースと②コミュニケーションコースとに分かれますが、いずれのコースもプレゼンアワードへの参加が可能です。

①人前でのスピーチの練習が毎回あり、プロジェクターを用いたプレゼンテーションの練習もでき、ディベートの体験・面接の練習・披露宴スピーチの練習等、多種多用な実践の積める練習の場面が用意されています。

しかも、コミュニケーションの課題も同時に与えられ、成果発表の場も用意されている為、フォーマルな場面・インフォマールな場面の両方に役立つような幅広い授業構成です。

②コミュニケーションコースでは1:1あるいは最大4名までとさせていただき、参加者1人1人の悩みや声に真剣に応えます。それでも、大勢の前で練習できる機会もある、という丁寧な授業構成となっています。

 

4)プレゼンアワード(スピーチコンテスト)が最終回に開催される

冒頭の表の※印は、何だと思いますか?これは、最終回に行うコンテスト形式の発表会の有無です。

東京コミュニケーションスクールでは「プレゼン・アワード」あるいは「スピーチコンテスト」と呼んでいますが、最終回は特に大勢の前で堂々と話し、自信を得ていただきたいと考えています。

東京話し方教室

小さめのコンサートホールのような素晴らしい会場で、あなたが大きなお花束をもらっていただけますように。

 

5)修了後も自主運営のOB会があり、格安(?激安?)に継続でき、自己研鑽が可能

トーク会・プレゼン会・授業等、格安の年会費で無料となるOB会で、学習の継続が可能です。

司会の練習もでき、大型イヴェントの企画運営にも関われ、可能性を引き出す場です。

CIMG0015-2

 

6)サークル・リクリエーションやイヴェント・飲み会も

OB会では、自己研鑽のみならず、つながりの持てる場が沢山あります。
ここでの仲間作りが、このスクールの大きな特徴です。

社会人サークルや婚活が流行っていますが、ここ、東京コミュニケーションスクールのOB会では、考えられない安さで、実質的な人間関係・人脈形成が可能です。

 

7)結婚も?

実質的なつながりを証明するものとして、人生を共にする「結婚」に至るカップルが何組も生まれている、というのが、他の教室・スクールとは違う点、当スクールが選ばれる理由の最高峰かもしれません。

2013年~2014年の1年間だけでも、当スクールで知り合って結婚したカップルが3組も!

赤ちゃんも2人も!!

次は、あなた?

 

IMG_1508

大勢の先輩方が、このスクールを選びました。

次はあなたが、この東京コミュニケーションスクールを選んでください。

お気軽にお問合せ下さい TEL 050‐3736‐1874 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.