昨日は高齢者介護施設で「授業」をやってきました。

2度目の開催。

 

1回目、当然「挨拶」でやってきたので、2回目、今日は「ほめる」しかないと思い・・・そのつもりでやっていた、その途中までは、もう、大成功!と思いました。

「施設長のいい所、教えてください」

の問いに

「もう、本当によくしてくださって、親身で。

実の家族よりもありがたいです」

って答えてくださり、皆から自然拍手が沸いて・・・。

 

ところが!

今年もうないねーって話が出たので、私が課題を出したのです

「じゃあ、今年一番よかったことは?」

って出してしまったのですね。

 

しーーーーーーーーん。

 

「そんな、よかったこと、なんて・・・・」

 

私は、もう、消え入りたい、と思いました。

そうなんです、介護施設に入っている高齢の方々にとって「よかったこと」なんて、何も。。。。

 

ああ、私は何て質問を・・・。

 

それから後半は随分盛り下がり・・・まあ、何とか最後発声練習でしめたから、なんとか・・・・みたいな。

 

そうしたらね。

終了後、お一人から

「先生、先生。

先生、お一人、指すの忘れていらっしゃったんですよ」

って(>_<)

 

全員指したかと思いきや、死角で、見えなくて・・・・m(__)m(T_T)

 

「だから、その方、怒って帰ってしまわれたんですよ。」

 

で、私はもう落ち込んで落ち込んで「どうしよう!」って言ってたら、・・・逆に施設長から、何て言われたと思いますか?

 

「本当にすごいですね、そんな意欲が沸くだなんて。

意欲も何もない方が、そうやって、自分が話したいって思うんですね」

って。

 

そうして、私は、あの質問以降ずっと落ち込んでたのが、・・・すーーーっと。

すーーーーっと、つかえていたような気詰まりが解けたような気になったのでした。

 

私でも、少しでもお役に立てることがあるのなら。

そして。

昨日は貴重な経験が積めてよかったです。

今度からどうさせたらいいか、少しツボがわかった気がしました。

まだまだこれから、ですが、最善を尽くしたいと思うのです。

施設長からは、前回、「今度もまたいらしてくださいね」と言われ、「・・はい・・」なんて前回はあいまいな答え方だったけど、今回は

「また、いらしてくださいね」

と言われたので

「本当ですか?

本当にまた来させていただいていいですか??

私、富永さんにあやまりの文面書いてお出ししますが、そこに、『次回楽しみにしてる、一番にお願いします』って書いていいですか?」

って訊いちゃったです。

施設全員(20-30人?)の方にお集まりいただくので、