(前回から続く・・・)

スマホの充電0・・・((+_+))向こうには「こっちからかける」って言ったんだから、超ヤバい状況に・・・(T_T)(T_T)

私は、もう、ダメだな、と観念しながら、も、尚、風よりも早く走って新橋の駅に着かんとす。

そうしたら!!!この最上級に急いでいる時に、誰かが私を呼び止めたのです!!!!!

うっそーーーーーー!!!!!何?この人?????????おじさん?????????

このおじさんが、第二のキセキを呼んでくれた(ある意味、この人に感謝の意を伝えたくて書いてるかも)。

その人、何て言ったと思う?

あろうことか・・・・

「もしもし、鍵、落とされましたよ」

って!!!!!!!!!!!

「わあ!!!!!!!ありがとうございますm(__)m!!!!!!!!!!!!!!」

そして。

超特急で走って新橋の駅に向かい、階段も駆け上り(2段越しに、と言いたいけど、大腿骨にチタンの太いの入ってるので、その釘が痛くて2段越し、は、できないのです(T_T)電車内、そして品川駅到着後、また、風のように走りながら・・・、新橋のお店で電話もらってから、約20分経って到着した地点が、ちょうど、自宅から8分位の地点だったの。

わかる?

この辺で私はそろそろ、向こうがこっちに向かっててすれ違う辺りだと。

だって、向こうは15分は待つと思うの、スマホの連絡もできなくなったけど、なんだかんだで話しながら(「こりゃ、ひでーなー」とか)、そして、「15分はまったんだから、もう、行こう」とか言って愚痴りながらゆっくり目に歩いて帰るだろうから、歩いて戻る、どこかですれ違うはず(~_~;)

ああ・・・・・

向こうから2人組の・・・でも、いや、絶対に違うだろう・・・だってふつーに談笑してる・・・

あり得ないな、第一4-6人グループじゃないかな、会社の研修m(__)m(T_T)m(__)mとか言ってたからなー。

それでも、すれ違いざまに、私は無声音で・・・

「さ・・・?」

って言ってみたよ。

でも、談笑されたままだった。

そして、そこから30秒の地点の横断歩道!

ここが一番のKEY POINTのはず!!

人は集まるし。

そうしたら。

向こうで待ってる人達で、も、もしや、のグループらしきグループが・・・???

10-20人待ってるんだから、グループって言っても・・・思い過ごしかな?なんだけど、逆に、もう、そこしか頼る場所がないって。

信号が青になった!

超走る!!

私は横断歩道の8割方走って、向こうはまだ1-2割方の地点で、私は無声音よりもやや有声音に近い声で・・

「さ?さいと・・・????う・・・さん・・・?????」

って言ったら

「えっ?!

品川タワーフェイスの・・・?」

「はい、久保です。

この度は申し訳ございません」

と私は横断歩道で土下座しそうになり

「いや、ま、ま、こんな所で・・、時間もないことですし・・」

と非常にもっともなことを言われ

「そうですよね、本当に申し訳ございません。では、これからご利用いただけると言うことですね?」

「はい」

「では、今から何時間延長してくださっても大丈夫ですので、どうかご利用くださいませ。私は先に戻って準備させていただきます」

 

はあ。

ひどい。

さいてーの話だったけど、サイコーに終わってくれたのは。

以下の奇跡に拠るものでした。

1)一緒にお昼してた修了生が財布取り出してた私に「払っておく」って何も訊かないで送り出してくれた

2)通りすがりの人が鍵を!!!!!!拾ってくれた(この奇跡的な人には本当にお礼を言いたい(T_T)ありがとうございましたm(__)m

3)ちょうど向こうとこっちが信じがたいタイミングですれ違った!!!!!!!信号が1回分ずれてたら、もう、無理だったろう

4)そして、何より。

そのグループの方々が「神メンバー」とも呼ぶべき「神対応」の方々で(T_T)m(__)m(T_T)m(__)m(T_T)m(__)m

 

当たり前だけど、怒って構わない状況じゃない?普通に怒るよねえ、私なら。

だけど「神」だったから。

こんな奇跡には「神」が必要で、その人たちが如何に「神」だったかは・・・

お部屋に到着後、申し訳ありませんでした、とお茶をお出ししたんだけど、会議終了後、

「お茶も美味しかったです」

って帰られて・・・お茶片づけに行ったら、何と!2人もお茶出したまま、残してんの(*´ω`)

まあ、いいけど・・・と思いながら・・・よく・・見て・・みると・・・・!!!

お茶の表面に油が浮いてんの(T_T)m(__)m

ひでーーーーーーー!!!

最後の最後まで、どんなひでーよ((+_+))

私は、最終的に再び、参ったm(__)m

なのに。

なのに。、

「美味しかったです、また、使わせてもらいたいです」

って言ってくださる「神対応」の方々だった訳。

 

神対応。

に係る、奇跡の話でした。

 

一応、教室的には、やはり、「名前」憶えてるってのが重要だった訳ですね。

「さ・・・?さい・・とう・・・・さん・・・・・??」

って言えなければ、そのグループを言い当てることはできなかった訳だから。

コミュニケーションの基本、それは、名前。