話し方教室に来られる方で、

「パッと話しを振られた時に、きちんと話せない」

「その場で、すぐ考えて話さないといけない状況が苦手」

という方は非常に多いです。

それらの方はよく「周りの方はうまく話されるんです」と言われます。

しかし、本当に周りの方は、「急に作った話」をそれ程うまく話しているのでしょうか。

 

実際には、うまく話せていない人はとても多いです。

「何を言いたいかよくわからない」

「話が急に飛んでしまう」

「話しの状況がよくわからない」

などのケースはざらにあります。

 

但し、それは厳しく文章構成をチェックした場合の話です。

通常、他の人の「コメント程度」の話を聞く場合は、それ程厳しい視点で聞いていません。

話しの作り方や構成など、意識していないことが通常でしょう。

 

話しの初めから、順番に聞いていき、なんとなく言っている内容が分かる。

そして、「楽しい話かどうか」、「明るい人かどうか」など、

ニュアンスや雰囲気を感じる程度しか、把握していないのではないでしょうか。

そして、聞いている方もそれ以上は、求めていないでしょう。

 

しかし、自分が聞く側の場合は、構成が不十分な話でも、「普通の話」として聞いているはずです。

 

それが、自分が話す側に回ると、構成の不十分な点が気になります。

「話すことが苦手な人」は、構成が完璧な「高度な話」と比べようとしすぎる傾向があります。

そして、自分への見方が厳しくなり、「周りの人の話」への見方は甘くなっているのです。

しかし、その傾向には、気づいておられないために、自分の話には自信が持てません。

 

この場合は、話をうまくするよりも、不完全でも話をパッと出す練習の方が効果的です。

 

普段、家族や友人など近しい人の前では、あまり深く考えずに思ったことをパッと話していると思います。

それと同じことを、複数人の前のでもできるように練習します。

「パッ」と話を作る練習は、初めは1人でやってみてもよいと思います。

 

通常、意識して「パッ」と話を作る事を皆さん、あまりされていないので、1人での練習でも十分に効果があります。

まずは、1人でできることから、取り組んでみてはどうでしょうか。