あがり症を正しく知って適切に対策を!|人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

コラム

話し方教室TOP > コラム > あがり症を正しく知って適切に対策を!

あがり症を正しく知って適切に対策を!


あがり症対策に先立って


大衆の前で何かをしようとすると、動悸やめまい、あるいは冷や汗や息苦しさの他、頭の中が真っ白になって手足ががたがた震えてくるといった症状が突然出てきて、いつもやっている事ができなくなるなどの身体症状に悩まされている人がいます。

病気との境界線も引きにくい事から、第三者からは苦しみが分かってもらえない事も多々あり、表に出にくい特徴もあるので様々な場面において損をしてしまう事もよくあります。

通例ではあがり症と称されていますが、あまりに緊張度が激しくて、例えば大切な就職面接の席でまったく発声できなくなったり、仕事に就けないなど社会生活に様々な支障が出てしまうようになると、社交不安障害と診断されることもあります。

社交不安障害とあがり症がひとくくりで取り上げられる事もありますが、前者は投薬治療や専門指導を受ける対策が検討される場合が多いのに対して、後者は話し方教室など民間で開催されているような講座でのトレーニングを受けながら克服をしていく人が多いという違いがあります。

苦手感が出やすい場面は多々あります。
最も一般的なのはプレゼンの席でスピーチができないというものですが、他にも人前でカラオケが歌えない、食事や読書ができない、レジに並んで小銭を出す時に緊張する、パーティーに行く、会議で賛成や反対の意思表示ができない、人に声がかけられないし誘えないなど、人の数だけ苦手なシーンがある事になります。

安易に自意識過剰と言い放つ事もできないほど本人は真剣に悩んでおり、受け入れられないとますます追い込まれて引きこもりに陥ってしまうケースもあります。
そのため、あがり症について正しく理解して、正しい対策をとっていく事が大切です。

主要なあがり症対策


あがり症の度合いは様々あり、重いか軽いかは本人にしか分からない部分が多々あるので、もちろん病気と健常の境目も素人目には判断がつきません。

つい自分だけがこうなのだと思い込み1人で悩んで引きこもってしまいがちですが、かえって症状を悪化させるばかりか通常のコミュニケーションが上達しないまま、無駄に時間だけが過ぎていく事になるため、生活に支障が出ないよう、まずは専門医療機関を受診してみましょう。

同じく悩んでいた人の中には問題を克服して立派に社会生活を送っている人も大勢いるので、諦めてはいけません。

生まれつきの性格でどうしようもないという症状ではなく、上手に対策をとれば改善できるという事です。

人それぞれの症状に合わせた対策も様々に用意されているので、自分に合う方法を試してみるのは良い事です。

ちなみに、精神療法では認知行動療法や森田療法、あるいは心理カウンセリングなどが実施されていますし、直接原因の1つはあがりを引きおこしやすいセロトニン不足である事に加えて、交感神経の活性化も関係している事から、薬物療法で諸症状を抑える治療も行われます。

こうした手法も個人差があり、どれが自分に効果的かは試してみないと分からない事が多いのです。

そもそもあがり症になりやすい人に共通しているのは、まじめで感受性が強い事に加えて、完全癖が強く責任感も強い性格である事です。

自分はこれで良いのだと自分を受け入れられるようになると、対人恐怖症のような症状も自然に消えていく事が多くなっています。

世のマニュアルや常識にとらわれず、とりあえず自分が良いと思った事を実践してみるのもおすすめです。

あがり症対策としてのトレーニング


あがり症は周囲からはその困り度がよく見えないために、単に気にしすぎだと断言されてしまい、ますます追い込まれてしまう人もいて最悪自殺に追い込まれる事もあります。

誰にも理解されないという孤独感や孤立感に陥って引きこもりになってしまっては、ますます深みにはまりこむだけで良いことはありません。

あがり症の存在が少しずつ認知されるようになった甲斐あって、巷では様々な対策がとられています。

話し方教室もその1つです。症状の表れ方は様々ですが、一様に恥ずかしがり屋さんと表現されるように、自分が表に出て目立つことにとてつもなく恐怖を覚えている人も多いので、他人の前で思いっきり声を出してみるのもおすすめです。

あまりに苦痛で死にたくなるような無理は禁物ですが、まずは地域でやっている話し方教室へ参加してみましょう。

最初は簡単な発声練習から始まり、大衆の前でプレゼンをしてみる、歌ってみるなど、教室ごとに独自のコンセプトに合わせた楽しいワークショップが定期的に開催されています。

ワークショップの多くは改善したいという強い気持ちがあってこそ前へ進めるものであり、やり抜いた時に大きな自信になって戻ってきます。

イメージ法も考え方や気持ちを変えるのに有効です。

また、様々な呼吸法も取り入れた独特の療法が行われています。
脳内でとても良い気持ちです、とてもさわやかです、良い気分です、というように、気持ちよくてさわやかで良い気分の状況をイメージしていきます。

何度も繰り返し実践していくうちに、緊張がほぐれてあがらなくなる自分を作るというのがコンセプトです。


▼よく読まれている記事
1位 必見!コミュニケーション能力を向上させる3つの柱
2位 あがり症を正しく知って適切に対策を!
3位 スピーチのコツやスクール選びのコツについて
4位 話し方研修を受けてコミュニケーション能力をアップさせよう
5位 適切な話し方の練習をしてあがり症を改善する秘訣

話し方教室TOP
京都あがり対策話し方教室バナー
大阪・梅田話し方教室バナー

【提携スクールのご案内】

コミュニケーションカウンセリングのバナー
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
:)
S