コミュニケーション上達のコツやトレーニングについて|人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

コラム

話し方教室TOP > コラム > コミュニケーション上達のコツやトレーニングについて

コミュニケーション上達のコツやトレーニングについて

コミュニケーションを上達させるためのコツ



コミュニケーションをする機会はたくさんあります。例えば起床してからご家庭でお子様に話しかけたりする際にも会話が発生します。基本的にご家族でやり取りするコミュニケーションに関してはプライベート性が強いため、話し方を気にすることは少ないでしょう。しかし、プライベートではなくお仕事で自分のコミュニケーションにコンプレックスを抱いている人も少なくありません。


仕事などで何かを説明する機会は意外と多くあります。例えば営業をしている人の中には、お客様に商品やサービスを紹介するために説明をすることが求められる場合があるでしょう。また、コンペなども開催されることがあります。コンペは多くの人がその話を聞くことになるため、大勢の人にその商品の魅力を伝えることが求められます。営業職の方だけでなく、企画開発を担当している方は企画したものをプレゼンしなければならない機会も多くあります。もし上手く商品の紹介や企画の説明をすることができないと、購入してくれる人が増えなかったり、プレゼンの時に企画の魅力を伝えることができずに、上司から棄却される可能性もあります。


説明をすることや会話をすることに対してコンプレックスを感じてしまう方もいますが、コミュニケーションを上達させるコツがあるので、そういった方はそのコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。コツの一つは声です。実際にコンプレックスを抱いている人の中には声が小さい人がいます。声が小さいと当然説明が聞き取りづらくなるので、相手にその内容を理解してもらうことが難しくなります。そのため、できるだけ大きな声で話すことを心掛けることが大切です。


声のボリュームだけでなくスピードを変えることも上達させるためのコツです。もし早く話すと相手がその説明の理解について行くことができずに、最終的には何が言いたかったのか理解することができなくなる可能性があります。話すスピードが速いと自身で感じる方は、できるだけゆっくりと話すように心掛けることでコミュニケーションが上達することが期待できます。


その他の上達させるためのコツは、非言語コミュニケーションも使うことです。これは簡単に言えば表情やジェスチャーのことになります。表情を変えたり、身振り手振りで説明することで相手が説明を理解してくれる可能性が高まります。話の内容にも配慮しましょう。当然、話の内容の中には幾つもの複雑な事柄を含めるとわかりづらくなるため、シンプルな内容でプレゼンをしたり、商品説明をすることもコツの一つです。



コミュニケーションのトレーニングについて




コミュニケーションのトレーニングを検討している人もいるでしょう。トレーニングをすることでコミュニケーション能力を高められる可能性があります。


まずトレーニングをする前にはコミュニケーションの理解から初めてみましょう。トレーニングをする前に本質を理解していないと正しいトレーニング方法を取り入れることは難しくなります。また、その他にも心の問題を解決することが求められます。実際にコンプレックスを抱いている人の中には、心に不安を抱えていて上手く話すことができない人も珍しくありません。基本的に心が不安定なために会話ができない人はそれをケアすることで改善できることもあります。


トレーニング方法としては普段から話すきっかけを作ることになります。例えば、会社に出社すれば同僚や先輩とすれ違う機会も多いです。この時に積極的に挨拶をすることで話す機会を増やすことができます。また、感謝の言葉を言う機会は多いですが、その都度感謝の気持ちを述べることで話す機会を増やすことができます。


その他のトレーニング方法としては普段から相手の話に耳を傾けることになります。実際にコミュニケーションは一方的に話すのではなく、相手がいて成立するものです。もし相手の話を聞くことが苦手な場合、適切な質問やアドバイスができないため、結果的にコミュニケーションが低下するという傾向があります。そのため、日常から相手の話にはできるだけしっかりと耳を傾けるように努めましょう。



トレーニングをサポートしてくれるところ




上記のようにトレーニング方法を複数挙げることができますが、自分の力だけでコミュニケーション能力を向上させる自信がない人も少なくありません。自分でできない人の中には改善しないと仕事などに影響が出る人もいます。


そういったニーズに応じて、トレーニングの仕方などを教えてくれる教室があります。実際に教室に通うことでプロの専門家からアドバイスや改善方法を聞くことができるので、自分の力でトレーニングするよりも効率的に能力を高められる可能性があります。


また、プロの専門家でも受講生の目線に立って指導してくれるところも多くあり、社会人でも通いやすい教室もあります。例えば短期間のコースも提供してくれるところがあるので、そのような教室を利用すれば隙間の時間をコミュニケーション能力向上の時間に割り当てることができるでしょう。


▼よく読まれている記事
1位 必見!コミュニケーション能力を向上させる3つの柱
2位 あがり症を正しく知って適切に対策を!
3位 スピーチのコツやスクール選びのコツについて
4位 話し方研修を受けてコミュニケーション能力をアップさせよう
5位 適切な話し方の練習をしてあがり症を改善する秘訣

話し方教室TOP
京都あがり対策話し方教室バナー
大阪・梅田話し方教室バナー

【提携スクールのご案内】

コミュニケーションカウンセリングのバナー
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
:)
S