プレゼンテーションのコツや話し方教室について|人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

コラム

話し方教室TOP > コラム > プレゼンテーションのコツや話し方教室について

プレゼンテーションのコツや話し方教室について

プレゼンテーションのコツを知ろう


日本の企業はさまざまな商品やサービスを提供しています。当然、その商品やサービスは開発のプロセスを経た結果です。開発にあたっては企画書を作る企業が多いですが、その企画を売り込みたい時などにはプレゼンテーションをする会社も多いです。例えば、現在CM作成をしている会社がたくさんありますが、CMには構成などを設計するために企画が必要です。そのため、その設計した構成をクライアントに説明する目的でプレゼンテーションを行うこともあります。それだけでなく、対外的な宣伝活動においてもプレゼンテーションに含まれることがあるので、様々な意味を持ちます。
基本的に人前で話すことになるので、苦手意識を持っている人は多いものです。例えば新入社員の人が上手に相手へ情報を伝えられないことはよくあります。しかし、苦手意識を持っている人の中には入社3年目以上の人もいます。そのような苦手意識を持っている人の中にはプレゼンテーションスキルを上達させたいと思う人もいるでしょう。プレゼンテーションにはコツがあるので、ここではコツを紹介します。
コツの一つとして挙げられるのが、まずはじめに自己紹介をすることです。基本的に苦手意識を持つ人の中には初めから商品の企画に関する内容を説明する人も多いです。しかし、自分のことを知らない人に情報を伝える場合もあります。もし相手が自分のことを知らないと話の内容が入ってこないケースもあります。また、知らない人に説明されても聞く気力が沸かないという人もいます。もし出身地や自分のプロフィールなどを紹介すれば、相手に親近感を持ってもらうことができる可能性があります。
その他のコツとしては資料を読まないことです。プレゼンテーションにおいては資料を準備して説明する人が多いですが、資料には様々な情報が記載されています。そのため、もし一から資料の内容通り読み進めると上手く伝わらないケースがあります。基本的に資料は参加者全てに配られることが多いです。そのため、後で読み返したりすることができるので、資料に書いてある情報を伝えなくてもそれぞれの参加者が理解してくれることがほとんどです。資料以外のことを積極的に話すことにより、資料に記載されていない内容となるので、相手が進んで耳を傾けてくれる可能性があります。
それから結論を先に話すことも大切です。結論は内容の中でも重要です。重要な内容を先に話すことで内容全体を分かりやすく聞くことができる人もいます。体験を話すこともコツの一つです。体験を話すことでプレゼンテーションの参加者が盛り上がってくれる可能性もあります。

プレゼンテーションを上手にこなすために話し方教室に通う


現在ではこのように話すことに対して苦手意識を持っているために、話し方教室に通う人もいます。これは、プレゼンテーションスキルを上達させる一つの方法と言えるでしょう。話し方教室に通えば、専門の人からの指導を仰ぐことができます。確かに現在では書店などに足を運べば、本などからどのような話し方が相手に内容を伝えられやすいのかを知ることができます。また、現在ではインターネット検索をしている人も多いので、スマホなどを利用して情報を知ることができます。
しかし、話し方を学びたいという人は直接教えてもらいたいと思う人が多くなっています。その理由は信憑性のある意見を聞けることです。利用すれば直接プロの人から情報を得ることができます。そのため、信憑性のある情報を聞くことができるので、話し方を効率的に上達させられる可能性があります。また、直接学ぶことで分からないことなどを聞くことができます。例えば実際に先生の前でプレゼンテーションをして、どのような点が伝わりにくいのか原因を把握することもできるので、実際に話し方教室に通う人は効率的に話す技術を高められるようになります。また、話し方教室に通うことで同じ悩みを抱える人と交流を図ることもできるので、プライベートでお食事をしたり趣味を共有できる人が見つけられたりする可能性があります。

話し方教室の選び方のコツを知る


話し方教室は日本には複数あるので、選び方のコツを知りたい人も多いでしょう。選び方のコツはまず自分の住まいの近くにそのような教室があるかどうかです。通うことを検討している人それぞれで住まいは異なります。例えば東京や京都、大阪など自分の住まいに合わせて教室を選択します。
その他にも価格を比較します。実際に話し方教室では初回を無料にしてくれるサービスなどを行っているところもあります。そのようなサービスがあると他の教室を利用するよりも安い価格で通うことができます。また、複数の教室と値段を比較することで安いところを選択できる可能性もあります。
その他にも全部で何回通えばいいのかを確認することも大切です。規定されている全ての回数を通う人も多いので、自分が通えそうな授業回数かを確認して、無理なく利用ができるところを選択しましょう。このようにコツがありますが、プレゼンテーションが苦手な人は一度利用を検討してみましょう。


▼よく読まれている記事
1位 必見!コミュニケーション能力を向上させる3つの柱
2位 あがり症を正しく知って適切に対策を!
3位 スピーチのコツやスクール選びのコツについて
4位 話し方研修を受けてコミュニケーション能力をアップさせよう
5位 適切な話し方の練習をしてあがり症を改善する秘訣

話し方教室TOP
京都あがり対策話し方教室バナー
大阪・梅田話し方教室バナー

【提携スクールのご案内】

コミュニケーションカウンセリングのバナー
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
:)
S