話し方のコツを知ろう|人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

コラム

話し方教室TOP > コラム > 話し方のコツを知ろう

話し方のコツを知ろう

話し方が上手な人の特徴


自分自身の話し方についてコンプレックスを感じる人もいるでしょう。また、話すことに対して苦手意識を持っている方は珍しくありません。今では昔に比べてIT技術の普及により話す機会は減っているという側面があるかもしれません。例えばメールの登場で直接対話しなくても連絡などを取り合うことができます。しかし、実際に相手に物事を理解してもらうために話をする機会は1日の中で何回も遭遇します。
例えば営業をしている人の中にはサービスや製品のことを知ってもらうため、購入してもらうために話をして説明をしている方も少なくないでしょう。もし説明が不十分なケースやその商品の魅力などを伝えることができない人は当然サービスの利用や商品の購入をしてもらうことができる可能性が低くなります。また、役員などの会社の中でも比較的立場が上の人の中には大勢の前でスピーチをしなければならない人もいます。
このように話をして相手に自分の考えなどを伝える機会は多いですが、上手く相手に伝えられないという悩みを抱えている人の中には上手な話し方の特徴について知りたいと思う人も多いでしょう。上手に話をする人の特徴は話の道筋が明確であることです。起承転結をしっかりと意識して話すことで話したい内容を適切に伝えることできます。また、起承転結が明確な話し方であれば、相手との会話も広がりやすくなります。また、この方法を踏襲することによって話がわかりやすくなるというメリットもあります。話がわかりにくいと話を聞く側の中には理解することができない人もいます。また、最後まで聞いてくれない人もいますが、わかりやすく内容を伝えることで相手は話の内容を理解できるので聞きやすくなります。
更に上手に話す人は印象に残る話し方をする人が多いです。印象に残ることで自分の話を覚えてもらえる可能性があります。特に営業などその製品に対しての魅力を伝えなければなりません。もし印象が残らない話し方であれば購入してもらえる可能性が低くなります。上手な人は相手の強い印象を持たせるようにお話をする人が多いです。このように上手に話す人の特徴を複数挙げることができますが、自分がこのように上手に話すためにはどのようなコツを把握すれば実現できる可能性があるのでしょうか。

話し方のコツについて知ろう


話し方のコツの一つとして挙げられるのが、言葉の選択をすることになります。例えば抽象的に表現をするよりも具体的な内容で話をする方が相手が話の内容を理解しやすいです。例えば具体的な内容にするために話の中に数字などを用いると、具体性が増すので理論的に話す人ということで好まれる可能性もあります。
更に立場によっても言葉を選びます。例えば専門外の人に難しい言葉を多用して話をすると理解できない人が多くなってしまうので、わかりづらくなる可能性があります。そのため、話す時は相手の立場に合わせてワード選択をすることで、相手が聞きやすいように配慮することができます。
その他のコツとしては、抑揚をつけることです。相手に印象に残したい内容やワードを強調して抑揚をつけることで、相手にその話を印象付けることができます。これによって内容を覚えてもらえることや相手が聞きやすいなどのメリットがあります。その他のコツは相手の反応を見ながら話をするということです。例えば表情を見ることで相手の気持ちを察することができます。相手が話を理解しているか、逆に暗い表情をしている場合は疑問を抱いていないか、もう一度わかりやすいように話し直すことで理解してもらえる可能性が高くなります。
最後のコツは結論をきちんと話すこと、そして話を雑に省略しないことです。例えば結論をしっかりと話すことで何を伝えたいのか明確にできるので、伝わりやすくなります。また、丁寧に話の道筋を説明することで具体性を高められるので、話の内容を理解してもらえる可能性があります。このようなコツを参考にして選択してみてはいかがでしょうか。

話し方のコツを知るために話し方教室に通おう


現在話し方を学ぶために話し方教室に通ってコツなどを研究する人は少なくありません。一般的な人のコツだけでなくあがり症の人ができるだけ人の前で話ができるようにサポートしてもらうこともできます。教室では適切な練習を教えてくれるので、実際に通ったことがある人の中には自信を持って話すことができるようになった方も珍しくありません。
教室の中にはこれまでに数千人もの生徒をサポートしてきたところもあります。そのように豊富な実績があれば、充実したサポートを受けられる可能性があります。もし話し方に対してサポートを受けたい方は一度ホームページなどを検索して、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。問い合わせなどをすることで料金や授業のコースなど疑問点に関して応えてもらうことができます。電話だけでなくメールでの問い合わせも受け付けてくれるところもあるので、話し方にコンプレックスを抱える人でも相談しやすいです。


▼よく読まれている記事
1位 必見!コミュニケーション能力を向上させる3つの柱
2位 あがり症を正しく知って適切に対策を!
3位 スピーチのコツやスクール選びのコツについて
4位 話し方研修を受けてコミュニケーション能力をアップさせよう
5位 適切な話し方の練習をしてあがり症を改善する秘訣

話し方教室TOP
京都あがり対策話し方教室バナー
大阪・梅田話し方教室バナー

【提携スクールのご案内】

コミュニケーションカウンセリングのバナー
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
:)
S