話し方を改善するための方法や期間とは?|人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

コラム

話し方教室TOP > コラム > 話し方を改善するための方法や期間とは?

話し方を改善するための方法や期間とは?

話し方を改善するためにはどのくらいの期間が必要なのか?


話し方教室に通うことで人前でのスピーチが苦にならなくなったりあがり症を克服することができたりする人がいますが、本当に自分も改善できるのかが気になります。結論から言いますと、あがり症の克服やスピーチスキルのレベルアップ、さらにコミュニケーション能力をアップさせるために話し方教室に通うことはとても理にかなった方法だと言えます。
話し方を改善したり、あがり症を治したりするのは特別なことだと思われるケースがありますが、実際にはスポーツと同じである程度までなら誰でも改善することができます。例えば泳ぐことができるようになるためにはスイミングスクールに通いますが、それと同じように話す能力をアップさせるためには話し方教室に通うことが大事です。あがり症の人はあがり症を克服するためのレッスンを受けることで人前でも堂々とスピーチできるようになります。話し方を学ぶということは、いわば習い事をするのと同じような感覚だと言えます。
また、独学で学ぶよりも教室に通った方がプロに直接アドバイスをしてもらえるので簡単かつ劇的に改善できます。さらにその期間も独学よりも圧倒的に短く、人によって異なりますがだいたい1カ月から2カ月くらいの期間で改善できる人もいます。短期間で習得できるのが教室に通う最大のメリットです。また、周りの人は皆自分と同じ悩みを持っているという安心感があるので、人前で話す訓練のときにいくら失敗しても大丈夫です。場数を踏みながら同時に苦手意識を克服することができます。そのためモチベーションも維持することができ、継続して教室に通うことができます。教室に通うことに恥ずかしさを感じることも無くなるので効果が出るまで挫折することもありません。

話し方を改善できる期間が短いのでビジネスでも役立つようになる


人前でプレゼンを行うことが多いビジネスマンにとって、あがり症というのは最大の敵だと言えます。プレゼンがうまくいかないと仕事に支障をきたすばかりでなく、出世にも影響が出てきます。そのため、話し方教室に通う人の中にはビジネスマンや経営者もいます。また、話すことが仕事になっている講師や、さらに学生も多く通っています。将来のためにスピーチの仕方を学ぼうとする人や、自分の発声について悩んでいる方が多く通っています。
実際に話し方によって相手に与える印象は大きく変わってきます。小声でボソボソ話すよりも明朗快活に話す人の方が魅力的に見えますし、初対面でも一瞬で信頼されるようになります。また、上手な話し方をすれば営業時に顧客とのトークも弾むようになり商談も円滑に進むようになります。話し方が苦手な人は話題探しにも苦労しますし、せっかく共通の話題を見つけたとしても一瞬で会話が終わってしまい最大のチャンスを逃してしまうことがあります。
教室では会話をすぐに終わらせないようなトーク術や、人前で堂々と話すためのコツ、話題に困ったときのネタの探し方など色んなことを教えてくれます。話し方一つで人生が変わると言ってもいいほど自分にとって良い影響を及ぼしてくれます。人間関係を良くするためや、ビジネスをうまく進めるためにも役立ちますので、一生使えるスキルだと言えます。実際のカリキュラムは教室によって様々なので、ホームページを見てカリキュラムを確認するといいでしょう。今の自分の悩みをより解決してくれそうな教室を選ぶことで、より短期間で必要なスキルを習得できます。

なるべく短期間で話し方を改善するための教室選び


なるべく短期間で話し方を劇的に改善するためには、やはり教室選びがとても大事です。しかし、どのような教室を選べばいいのか迷っている方も多いです。コツとしてはまずは受講料で比較しましょう。受講料は教室によって異なりますが、やはり金額的に安い方が負担がありません。また、その教室に通うまでの交通費も考慮してください。どのくらいの頻度で通うのかも考え、トータルでいくらかかるのかをきちんとシミュレーションすれば、想像以上に負担がかかることはありません。
また、気軽に始めることができるのか、きちんとサポートしてくれるところを選ぶことも大事です。例えば入学前に相談に乗ってくれたり、講師の方が親身になって教えてくれたりなど、初心者でも継続できるような体制になっている教室だと安心です。ホームページには講師の実績も掲載されているので、教えてくれる人がどんな人なのかも知っておくといいでしょう。
もしも教室を見学できるのであれば、事前に一度見学するのも一つの手段です。無理なく通うことができるかどうかや、実際の教室の雰囲気やレッスン内容を生で見ることで、自分が通っても大丈夫かどうかが事前にわかります。見学可能かどうかは、事前に問い合わせて聞いてみましょう。教室選びを妥協すると後で困ることになるので気をつけてください。


▼よく読まれている記事
1位 必見!コミュニケーション能力を向上させる3つの柱
2位 あがり症を正しく知って適切に対策を!
3位 スピーチのコツやスクール選びのコツについて
4位 話し方研修を受けてコミュニケーション能力をアップさせよう
5位 適切な話し方の練習をしてあがり症を改善する秘訣

話し方教室TOP
京都あがり対策話し方教室バナー
大阪・梅田話し方教室バナー

【提携スクールのご案内】

コミュニケーションカウンセリングのバナー
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.
:)
S