東京話し方教室(東京話し方スクール運営)はあがり症改善を重視した話し方教室です。東京・大阪・京都・柏で開講。人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションでお悩みの方に。

あがりを引き起こすもの

 「あがり」の対策をするため、「あがり」がどのようなものかを客観的にとらえることが大切です。ここでは、「あがり」を引き起こすものについてみていきましょう。

あがり症の男性

 

 あがりを引き起こす要因について、挙げてみました。

①過去の失敗体験

 過去に人前での失敗があると、「また今度も失敗してしまうのではないか」と強く不安を感じてしまします。

 この不安は、表面的な思考上だけのものではなく、無意識に刷り込まれています。だから、「大丈夫!」と言い聞かせていても、人前に立つと恐怖が沸き起こり、「あがり」につながります。

②人前に慣れていないこと

 「あがり」で困っている方の多くが、それまで人前で話す経験をあまりお持ちでありません。慣れていないために、必要以上に不安や苦手意識を感じあがってしまうのです。

③プレッシャー

 面接試験やプレゼンテーションなどは、その結果が自分にとって大きな影響を及ぼすため、普通に話すよりも大きなプレッシャーがかかります。そのような時は、よりあがりやすくなります。

④準備不足

 話す内容がしっかり決まり、練習もしっかりやっていた場合は、話すことに自信を持って臨めます。しかし、準備がしっかりできていないと、「うまく話せるかな。」「しっかり準備していないことが周りにわかるのではないか。」などと余計な不安をかかえながら話すことになります。その不安が引き金になってあがってしまいます。

準備不足を原因とする「あがり」は、あがりやすいかどうかではなく、話す内容に対する自信のなさに起因するものです。ですので、しっかり準備をするだけで、間違いなくあがりの要因を減らすことができるのです。

⑤よく見られたいという心理

 人は他人からの評価が気になる生き物です。知らない人より、知っている人の前での方があがってしまう人も多くいます。「かっこ悪いところは見せたくない!」というよく見られたい意識が、プレッシャーとなり、あがりにつながります。

⑥体調不良

 体調がすぐれない時は、普段よりも緊張することがあります。体が弱ると、相手からのプレッシャーに対抗する気力も弱まるからです。あがりを防ぐには、しっかりと休息をとることも大切です。

あがり」はとらえどころのない、漠然とした不安を感じさせるものかもしれません。しかし、1つ1つの原因は、落ち着いて取り組んでいくことで、克服することができます。

東京話し方教室では、まず自分の「あがり」について客観的に考え、不安を減らすことから始めていただきます。

お気軽にお問合せ下さい TEL 050‐7132‐8181 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東京話し方スクール All Rights Reserved.